導入事例:生命保険営業


概要

タブレットで事務効率化と営業改革、契約も電子ペンでペーパーレス化しました。

目的

  • 業務アプリはプライベートクラウドで稼働、端末に重要データを残さない
  • 電子化した契約書や電子署名技術を用いて、契約手続きをペーパーレス化

導入効果

全営業職員にタブレット端末配布し、業務利用

常にタブレット端末を携帯し、訪問先で顧客に画面を示しながら商品を提案するなど新しい商談スタイルになりました。
端末はWindows7で、画面サイズが12.1インチ型と大きく、グラフや資料を写した画面を顧客と共有なりました。
2015年1月からは、ペン入力による電子署名などを用いて、タブレット端末だけで契約申し込みを完結できる新システムを稼働。
ペーパーレス化で顧客の申し込み事務の負担を軽減できるほか、保険会社にとっては事務コストの削減につなげられます。

使い勝手よく、柔軟性が高いシステムに

使い勝手を高めるため、顧客管理システムは個人の属性情報などを柔軟に管理できるよう新規開発しました。
全業務アプリの顧客情報はすべてサーバー側で管理し、端末には一切データを残さない仕組みです。
端末で利用するすべての業務アプリはモバイル回線を介して自社運用するプライベートクラウド環境の上で動作します。

個人情報を残さないサーバー管理システム

住所など記入した個人データや署名の筆跡データはサーバーに転送され端末には残らないようになっています。

※本事例中に記載の肩書きや、固有名詞等は事例公開当時のものであり、現在は変更されている可能性がございます。

サンプルアプリ起動

WordPress Appliance - Powered by TurnKey Linux